Maria Buytaert

ブロッサミングキャンドル

の商品情報。ドイツ-マリアブーテルト社製。

ホーム >> 商品情報 >> Maria Buytaert

マリア ブーテルト社

花咲くキャンドル

Maria Buytaert社製の『ブロッサミング・キャンドル』は、1969年デンマーク生まれ。
現在はドイツ南部・バーデン=ヴェルテンベルク州の工房で、ひとつひとつ、ていねいにハンドメイドで創られています。
火を灯してから燃焼時間が約20時間経過すると、ロウが外側に広がりながら溶けていきます。その様子はまるで花びらが開いていくような美しさ。開ききった後も、お部屋のインテリアとして使用していただけます。 柔らかく暖かい印象のパステルカラーで全83色。ハンドメイドならではの味わいから、滑らかさや輝きはさまざま。贈り物にも最適です。

徹底的に品質にこだわった製法

高品質のラルクオリティを取得

加工されていないフードグレイドのパラフィン(※)を溶かし、何十種類もある顔料を配合し、色をつけます。配合の割合、時間や温度などの詳細は、すべて記録を付け保存しています。真ん中に芯が張られた筒状の型にパラフィンを流し込み、しばらく固まらせた後、指で穴を開け、再びパラフィンを流し込みます。こうすることで、密度の高いキャンドルができあがります。1本のキャンドルの仕上げまでに約3日かかります。

RALクオリティマークとは
DEKRA Umwelt GmbH社により実施され、記録されるものです。加工前の素材1つ1つから始まり、キャンドルの燃焼時間、燃焼時のススと煙の量が最小限であるかということまで、厳しく審査されます。また、クオリティマーク獲得後も、定期的な監査が行われ、その結果、規則・義務が守られていない場合には、RALクオリティ マークは剥奪されます。 RALクオリティマークは、人体や自然環境に害を与えないことを保障するだけでなく、高品質であること、その品質が一定であり、わたしたちが信頼し安心して使用できることの証です。

※パラフィン・・・ロウソクの原料となる有機化合物の一種です。品質によってグレードが分かれており、Maria Buytaert社で使用されているものは、フードグレイドと呼ばれパラフィンの中でも最高級の素材です。食べることが出来るほどの品質である、という意味です。

ブロッサミングキャンドル 商品紹介

徐々に咲いていきます

ブロッサミングキャンドルは、置く場所の風向きや温度によって咲き方が様々です。また、キャンドルホルダー(受け皿)を基本的に必要としない(※1)のでインテリアや、ディスプレイの素材としてもお使いいただけます。

火を灯してから10時間ほどで徐々に開き始め、20時間ほどで花が咲くような形になっていきます。(※2)

※1…キャンドルを傾けたり、ロウの開き方によって、ロウが垂れる場合がございます。
※2…環境や個体差によりロウの開き方が変わります。(開く形については弊社で保証するものではございません)

ブロッサミング キャンドル お問合せ

Category

あかり関連商品
インテリア関連商品